QLOOKアクセス解析
Powered By 画RSS

2010年12月24日

「鏡音リン・レン:紡唄 -つむぎうた-」への海外の反応



動画タイトル
Spinning Song with English Sub - Kagamine Rin & Len - 紡唄 -つむぎうた- - HQ

リンが持っているのが二胡で、レンが持っているのが月琴だそうです。

【ニコニコ動画】【鏡音リン・レン】 紡唄 -つむぎうた- 【オリジナル曲】

2010/12/24時点のデータ
再生数:118,237
高評価:1,325
低評価:14
支持率:98.95%
コメント数:601

海外のコメント(一部抜粋、順不同、翻訳かなりてきとー)

フィリピン
ボーカロイドはこんなに表現力豊かに歌うことができたのか。
これは驚きだよ。

アメリカ
リプレイしっぱなしだよ。

アメリカ
この歌は永遠に好きだと思う。
でもレンのバナナヘアーがなくなったのは寂しいな。w

マレーシア
中国スタイルの歌? すごく美しくて大好き。

シンガポール
お父さんの葬式の時に聴いた歌を思い出した・・・

スウェーデン
この歌はすごく美しくて、本当に意味が深いわ。
ボーカロイドの曲はいつも琴線に触れるから大好きなの。
でも少しだけ悲しくもなるわ。なぜなら彼らは過去について歌っているから。
それは昔聴いたことがあるけど思いだせなかった曲を思い出させてくれるの。
この歌はすぐにお気に入りの1つになったわ。ダイスキ!

アメリカ
これはすごく心を落ち着かせるから、
この曲を聴きながら太極拳か瞑想ができるよ。

アメリカ
とても心が落ち着く。俺は合唱部分が大好きなんだ。なにかパワーを感じるよ。
彼らがいつも歌ってるメロディーとちょっと違うものを聴くのもナイスだね。
そもそもリンとレンの声が美しくないということじゃないよ。
この歌を繰り返し聴いたけど、全然飽きてこないよ。
それと歌詞が節で表示されているのもいいね。とても趣があるよ。

アメリカ
ボーカロイドは凄いと思う。奥の深い歌を聴く機会だけでなく、
この歌や悪ノP、それに新世紀囚人紙飛行機の作者のような、
美しいアイデアを持った全ての作曲家について考える機会をも与えてくれるからね。
もし本物の人間に歌わせていたら、彼らはいまと同じだけの称賛も名声も
受けていなかったと思う。多くの人は作った人ではなくて、
歌っている人のほうに目を向けていただろうからね。

アメリカA
ボーカロイドは本当になんでもできるな。
この歌のリンとレンはいつもとは全然違う雰囲気をもっているよ。
俺が中国人で、この手のメロディーを心地よく感じ、
また親しみを覚えているのも手伝っているのだろうけど、
でもボーカロイドが幅広いジャンルに取り組んでいるのは本当にすごいよ。
この歌は心が落ち着くし、遠い記憶を呼び覚ましてくれるようだ。

  アメリカB
  賛成だ。俺はアメリカ人だが東方のメロディー、特にこの曲の中でも
  より合わされている中国のメロディーには心を落ち着かせる何かが
  あるよ。俺は目を閉じてこれを聴くのが好きなんだ。

スウェーデン
「あられいや」以外は全部日本語なのに、なんで中国語がどうのなんて言ってるの?

  アメリカC
  これは中国の影響を強く受けていると思うよ。
  中国語の吹き替えバージョンすらあるしね。
  
  スウェーデン
  確かに。でもこの歌は日本語だわ。
  ただ中国語と日本語のミックスは確かに美しいと言わないとけないわね。
  この歌は実にいい曲で、使われている楽器のせいもあって
  完全に中国語に聴こえるというのは賛成だわ。
  (上のリンクは中国語オンリーです。「あられいや」が日本語なら別ですが)
  
  カナダ
  彼らの服装と音楽は中国ね。間違ってるかもしれないけど。
  
  アメリカD
  いやそうだよ。リンは中国の伝統的な楽器「二胡」を、レンは「月琴(注)」を
  演奏しているよ。メロディーは中国の伝統的な民族音楽に似てる。
  歌詞は日本語だと信じているけどね。
  
  アメリカE
  正解!! スペルは間違っているけどね。(注:月琴の部分も二胡になってました。)
  私は中国人で、この歌は中国の伝統的な民族音楽と日本語がミックスした
  美しい例だと思うわ。ボーカロイドがそれを上手くタイアップさせたのよ。
  そうでしょみんな?

シンガポール
これが最初の中国風ボーカロイド曲か。素晴らしい出来だよ。
ボーカロイドに上手く歌えないものってあるのかな?

アメリカ
ボーカロイドは俺が聴いた他の全ての曲を圧倒している。
言うべきことはこれだけだ。

アメリカ
2つの楽器は何と呼ばれているの?

  シンガポール
  リンが演奏しているのが二胡で、レンが演奏しているのが中国の琵琶よ。

アメリカF
ボーカロイドはすごく奥が深いよ。
人生・愛・そして笑いを同時に教えてくれるんだ。

  アメリカG
  賛成だね。俺たちは素晴らしい曲を書いてくれる人々、
  音楽の裏で訴えかけてくる美しい歌詞を巧みに作り出す人々に
  感謝しないといけないな。

アメリカ
「alalilalalialaial」って聴こえるような言葉が存在するのかが分からない。
(「あられいや」の部分のことでしょう。)

  不明
  あれは単なる声だよ。リンとレンは日本語オンリーのボーカロイドだ。
  でも日本人だって「alalilalalialaial」と言おうと思えば言えるんだぜ。w

アメリカ
これはすごく聴き覚えがある気がする。

  不明
  私も同じ事考えてた。
  メロディーがなんだかとても聴き覚えがあるわ。

アメリカ
この歌・・・ボーカロイドを聴くよりももっと前に聴いたことがあるよ
・・・夢の中かな? 俺に言えるのはこの歌には隠された意味が
あるってことだけさ。歌詞の中ではなく、音の中にね。

アメリカ
ボーカロイドから1つ学んだことがあるとすれば、
それは全てのものには深い意味が存在するということだ。

アメリカ
この曲に夢中になりそうだよ。ピアノで弾いてみようかな。^^


「meaning(意味、意義)」「meaningful(意味深長な)」という単語があちこちの
コメントで使用されていました。多くの人が深く感じるところがあったようです。
私もどこか懐かしい感じのする、心安らぐ素敵な曲だと思います。
それと中国語バージョンはさすがに曲の雰囲気にピッタリですね。



posted by ハミルカル at 20:01| Comment(7) | 鏡音リン&レン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この曲俺も好きだなあ。確かに何故か懐かしい感じがする。
メロディーだけでなく歌詞もどこか中国の漢詩にありそうでイラストも含めよくできてる。
Posted by at 2010年12月24日 22:00
>もし本物の人間に歌わせていたら、彼らはいまと同じだけの称賛も名声も
>受けていなかったと思う。多くの人はは作った人ではなくて、
>歌っている人のほうに目を向けていただろうからね。
こういう部分に目が行ってない人ってまだ多いよね
Posted by at 2010年12月24日 22:43
中国語で歌ってる娘、ニコ動で日本語でワンダーモモーイとか歌ってるよwwwwこの歌とのギャップが凄いwwww
Posted by 名無し at 2010年12月24日 22:52
これはいい!
Posted by   at 2010年12月25日 00:42
たぶん日本人が中国人に求めるけど、今の中国人では決して与えてくれないもの。そんなイメージ。
今の中国人も過去の美しさを思い出して郷愁に駆られるけど、それは失われたものだから。
Posted by at 2010年12月25日 11:12
中国人の方が歌ってるバージョンすごく好きだ
イヤホンで聴くと桃源郷にいる気分になれる
Posted by at 2011年04月03日 00:57
やっぱり、こんな風に西洋人がアジアをミックスしたり表したりできないよなって思った。あまり成功してないやん。

日本は創造性に欠けることもあるかもしれないが(私はそう思わないが。)、他国と母国をミックスするの上手だよね。
Posted by at 2014年04月14日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。