QLOOKアクセス解析
Powered By 画RSS

2013年01月18日

「初音ミク・巡音ルカ・寒音ジミ:Reboot」への海外の反応



動画タイトル
【VOCALOID Anime PV】Miku Hatsune, Megurine Luka & Sasume Zimi「Reboot」

リクエストをいただいた動画です。

【ニコニコ動画】初音ミク・巡音ルカ・寒音ジミオリジナル曲 「Reboot」

2013/1/18時点のデータ
再生数:9,657
高評価:564
低評価:4
支持率:99.29%
コメント数:149

海外のコメント(一部抜粋、順不同、翻訳かなりいいかげん)

フランス
(TmT)ウゥゥ・・・

アメリカ
とても素晴らしい。でもあの少女は誰?

カナダ
このミクは本当にビッチよね・・・
もし私の親友の一人がうっかり私のアイスを突き落としたとしても、
私だったら「あっ・・・新しいのを買ってきてね!」で済ますわ。

  イギリス
  うーん、みんな一人ひとり違うんだから、行動も人それぞれよね。
  ビッチ呼ばわりは酷いわね。

ポーランド
素晴らしい! アニメーションが良かった。^^
でも誰かが死ぬっていうのは嫌い。

アメリカ
驚くほど素晴らしかった。美しい曲で、でもとても悲しい。
感動した。深い曲ね。

カナダ
はぁ〜、ジミ可愛い。黒ハート

アメリカ
とても可愛くて、そして悲しい・・・素晴らしいわ!

カナダ
予想外に涙を誘う物語だった。

アメリカ
寒音ジミが出演したのってこれが初めてよね。可愛い。

アメリカ
このビデオ好き黒ハート 寒音ジミの声も好き〜

カナダ
泣きそう。(ノ_σ)クスン

アメリカ
寒音がトラックに撥ねられたのが悲しい・・・(T_T)

フィリピン
歌で泣いたのはこれが初めて・・・
お母さんがここにいなくて良かった。もし見られたら泣き虫って言われてたわ。

アメリカ
PVが悪いって意味じゃ決してないんだ。実際とても素晴らしいアニメーションだったよ。
・・・でもあのトラックには笑ってしまった。w

マレーシア
すごく悲しい!!! まるで自分自身に起こったことみたいに。
もしかして死んだ私の友達もまだ私のことを見てるのかな?
ところで寒音ジミって誰?

アメリカ
くそ、(注:星のストラップが)落ちた瞬間なんか嫌な予感がしたのよね・・・
そしてそのポイントから泣き続けてるの。T-T

アメリカ
今日、友達とケンカしたの・・・−泣く−
今はただ後悔してるわ。(ρ_;)グスン

メキシコ
エクセレントなアニメーション。
そしてストーリーはとても悲しく、でもとても美しかった。

アメリカ
とても悲しかった。でも最後に再び友達になれて良かった。

アメリカ
死を含む大半のボカロ曲はなぜこんなにも悲しいの? ;_;

アメリカ
アイスクリームは友情を壊し、人も殺すことが証明された・・・
えっと、少なくともハッピーエンドではあったわね・・・
−新たな涙を流す−  もう、まただわ・・・

モーリシャス
ナイス! 寒音ジミって新しいボーカロイド?
ミクサイドの或いはGUMIサイドのどっちの会社から発売されてるの?

  アメリカ
  寒音ジミはボーカロイドでもUTAUでもなくて、作曲者(男)が彼女の声を演じてるの。
  実際、寒音の名前は彼の名前を後ろから読んだものだしね。
  だから厳密に言うと、彼がトラックに轢かれたってことになるわね。w

アメリカ
素晴らしい作品。あらゆる要素が上手く調和している。
いつか英語バージョンも見てみたい。
ボーカロイドは俺が以前聴いてたものと同等かそれ以上だね。

アメリカ
この絵柄はブラック★ロックシューターと同じだ・・・寒音を見てたら神足ユウを思い出した。

アメリカ
ブラック★ロックシューターのアニメと絵が似てる。

アメリカ
もう泣きそう! でも我慢しないと。姉妹が同じ部屋にいるから。w

アメリカ
ミクの声がアペンドのように聴こえるのは気のせい?

不明
2:27 secretの猫だ!
(注:どちらのPVもJETさんが作られています)

ロシア
泣きっぱなしだった。;〜;


posted by ハミルカル at 20:12| Comment(22) | 初音ミク&弱音ハク&亞北ネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PVなしで聞いてみると歌は歌でPVで描かれたのとはちょっと違うバックストーリーがある気がするんですけどどうなんでしょう。
これに限らず時々PVがちょっと物語を付けすぎてるんじゃないかと思うことはあるのですが。
それにしてもボコーダー使って変調した声まで合成してるんですね。すごいな。
Posted by at 2013年01月18日 20:55
PVが曲の内容とちょっと違うと感じてしまうのはストーリーそのものを追ってしまっているからじゃないのかな
「Reboot」という意味においては曲の内容もPVも同じだと思うよ

しかしこのPV、2Dアニメかとおもったら3Dモデルで作られてるんだよね
最初見た時あまりにも普通にアニメーションを見てる気になって、後で気づいてただただ驚いてしまった

そしてなによりジミーサムPの復活、ずっと待ってた人間としてとても嬉しい
Posted by at 2013年01月18日 21:22
なにげに寒音ジミの声大好き
そしてこのミク、ルカの声を聴くとジミーサムPだなぁとしみじみ感じる
Posted by at 2013年01月18日 21:25
ジミーサムPの曲をずっとTOYBOXのアルバム聞きながら待ってた
Posted by at 2013年01月18日 21:57
英語訳できる人載せてやってくれ〜
Posted by at 2013年01月18日 21:58

アイスクリーム関係ないだろ。。。
1:08のミクの顔見たらわかるだろ
なんか気に障ることを言ったんだろ・・・
Posted by   at 2013年01月18日 22:41

毎回思うんだけど、歌は最初に聞いた時はあまり好きになれないのに
何度も聞くと好きになるってのが多い。サブリミナルとは違うw

人が書いた歌詞だから最初はイメージしにくいんだと思う。そうすると
音だけでキャッチーじゃないと一度スルーしてしまうんだよねぇ。

でもこのPV方式で紹介された曲は歌詞の背景や、Pの解釈の仕方が
現れるからとても入ってきやすい。普通のアーチストでも何割かは
こういう手法だと思うけど、ボカロは全曲こうだから面白い。
Posted by at 2013年01月18日 22:57
>1
VOiCEなんてそうだよね、あのロボットのPVのやつ。
でもPV目当てでリピートしてるうちに曲に嵌ったりとかね。

コラボは兎も角、跡付けの独自解釈のPVのインパクトが強い作品って、
曲作った人的には微妙な心境だったりするのかなw

Posted by at 2013年01月19日 01:13
ほとんどPVについてのコメントで
曲についての言及少ねえw

こういうのはPVと合わせて一つの作品だと評価されてもいいとは思うけどさー
Posted by at 2013年01月19日 01:13
え〜男の声なの?
でも知らなかったことにしたら、なかなかいい声だね。
あのアイスクリームのケンカの表情は
ちょっと殺気だちすぎかな。ドキっとした。
Posted by at 2013年01月19日 01:36
個人的には、これはジミーサムPさんが活動を自粛してる間の気持ちを歌にしたものだと解釈してる
寒音ジミっていうキャラを使ってそれを投影してるんだと
Posted by at 2013年01月19日 04:56
出たよw人死にで感動させるパターンw
もう飽き飽き。
Posted by at 2013年01月19日 09:51
皆が泣いているのは死んだシーンじゃなくて
和解したところなんだが
Posted by at 2013年01月19日 13:01
アニメーションの出来は凄かった
でもシナリオがちょっとな
突然発狂するミクとか轢き殺される子とかなんだかなーって感じ
Posted by at 2013年01月19日 15:04
LETじゃなくてJETさんね。
secretの勝手PVがお気に入りだったんで
かなりレベルアップしてて驚いた。
Posted by お at 2013年01月19日 18:43
ああ、寒音ジミってジミーサム本人のことか
そういうUTAUがあるのかと思った
Posted by at 2013年01月19日 19:39
>LETじゃなくてJETさんね。

ホントだ。間違えてましたね。修正しておきました。^^
Posted by 管理人 at 2013年01月19日 20:16
まあちょっと表情付け過ぎたのが演出過剰を起こしてるとは思うけどね。
Posted by at 2013年01月21日 06:40
>>突然発狂するミクとか轢き殺される子とかなんだかなーって感じ
Posted by at 2013年01月19日 15:04



沸点低いミクさんにドキドキしたw

Posted by   at 2013年01月22日 10:49
子供はどうでもいいことで激怒するからな
たとえば母親がしたささいな言動でキレて一日不機嫌だった経験なんてみんなあるだろ
そして怒り出すと理性がないからケダモノ
あのケンカシーンはすごくリアルだと感じたよ
Posted by at 2013年01月22日 21:07
最初にPVと一緒に曲を聞いてしまうとイメージがガッチリ固定してしまうというのはあるな
良くも悪くも
Posted by at 2013年01月26日 13:28
性別不詳の声にドキドキしたのはこれで2人目
1人目は「ろん」だった
Posted by at 2017年10月16日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。